クレンジングの方法

正しいクレンジング方法とは?間違ったメイク落としは肌を傷めます


肌を傷めない正しいクレンジング方法

毎日のメイク落とし、ちゃんと正しい方法で行なっていますか?間違った方法でクレンジングしてしまうと、逆に肌を傷めることになるので注意が必要です。

せっかく優秀なオールインワンジェルを使っても、肝心のクレンジングがちゃんとできていないと美肌効果は半減してしまいます。

そこで、正しいクレンジングの仕方をご紹介します。

必ずクレンジング剤を使用します

まず、基本としてファンデーションを落とす際には必ずクレンジング剤を使用します。洗顔料だけではダメ。

というのも洗顔料だけではファンデーションの油を全部落とすことができないからです。面倒でも必ずクレンジング剤と洗顔料でダブル洗顔を行ないましょう。

一口にクレンジング剤といってもその種類はさまざまですよね。では、クレンジング剤はどんなものを使用するのがいいのでしょうか。

界面活性剤が少ないクリームやジェルタイプのものが◎

クレンジング剤には、油と水をなじませるための界面活性剤というものが含まれているんですが、それぞれのメイク落としによってその界面活性剤の質や量はまちまちです。

界面活性剤が多いと肌にかなりの負担がかかるので、なるべく量が少ないものを選ぶのがポイントです。

比較的肌にあまり負担がかからなくておすすめのクレンジング剤は、クリームタイプものや乳化した白いジェルタイプのもの。

逆に界面活性剤が多く含まれていて肌にあまり良くないのがリキッドタイプやオイルタイプのものになります。

シートタイプのものは肌に強い刺激が

ちなみに旅行のときなどについつい使ってしまいがちのシートタイプのメイク落としは、界面活性剤が多く含まれている上に、肌をこすって使用するので刺激が強く、シミができる原因になることもあるので注意しましょう。

たっぷりの量を優しく素早くなじませる

次に使い方ですが、クリームタイプものか乳化した白いジェルタイプのクレンジング剤をたっぷり手の平に取って肌に優しくなじませます。

クレンジング剤が少量だと肌への刺激が強くなってしまい、肌荒れやシミ、シワになることもあるので、たっぷり使いましょう。

力を入れてゴシゴシと汚れを落とす行為も摩擦が起きて肌への刺激が強くなるので厳禁。優しく素早くなじませます。

この素早くというのも重要なポイント。

刺激が強いクレンジング剤を肌に長時間つけた状態にしておくのは良くないので、手早くなじませましょう。

なじませる順番は肌が強い部分から

クレンジングの順番ですが、肌が強い部分から先にまじませていきます。おでこ、Tゾーン、Uゾーン、頬、目元、口元の順で行なうのがベストです。

なじませたらぬるま湯で素早くすすぎます。

この時、ファンデーションが完全に落ちていなくても大丈夫。少しのファンデーションであれば洗顔料でキレイになるので、手早くクレンジングすることが大切です。

オールインワン総合おすすめランキング
美白効果ランキング
ニキビケア効果ランキング
乾燥肌ケア効果ランキング
毛穴ケア効果ランキング
敏感肌ケア効果ランキング
コスパがいいランキング

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルトップページへ

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルをチェックしたい人は、トップページから確認することができますよ。