クマの原因と対処法

クマの原因とその対処法は?タイプ別のお手入れ方法をチェック


クマの原因と対処法をタイプ別にチェック

顔が老けた印象や、疲れた印象になってしまう大きな原因のひとつが目の下のクマですよね。

この目の下のクマってどういう原因でできちゃうのか、どうやって改善したらいのかをまとめました。

目の下のクマができる大きな原因とは?

クマというのは、目の下が部分的に暗く見える状態のことを言います。

目の周りというのはやわらかい脂肪で覆われていて、それを非常に薄いまぶたが支えているんですが、このまぶた、皮脂腺が少なくて乾燥しやすく神経も敏感なのに加えて、まばたきなどで絶えず動く部分になるので、日頃からかなりの負担がかかっているんですね。

そのため、たるんでしまって黒くみえたり、血行が悪くなって暗くみえたりといった状態が起こってしまう訳です。

これがクマの正体です。

ただ、クマにも色々な種類があって、できる原因やその対処法はさまざま。

そこで、それぞれのクマの原因と対象法をまとめてみました。

クマのタイプ別対処法

タイプ1:青クマ
状態 滞った血液が目の下の薄い皮膚を通して青く見える状態
見分け方 引っ張ったり、メイクをすると薄くなる(完全に消えない)
日によって違う
原因 目の周りの毛細血管の血流が滞ることで起きます。
目の疲れや冷え、寝不足が原因のときもあります。
色白の人や、もともと肌が薄い人は目立ちやすい傾向があります。
効果的な成分 ビタミンE、カプサイシン、ゴールデンカモミールなど
改善方法 ●血行促進ケア
目の周りだけではなく、顔全体の血行を良くするマッサージを行なうのが効果的です。
その他、睡眠をしっかり取ったり、入浴などの冷えの改善、さらに適度な運動を行って血行を良くするようにしましょう。
タイプ2:黒クマ
状態 影ができて黒く見える状態
むくみが加わるとさらに目立ってみえる
見分け方 上を向いたり、目の周りの肌をそっと引っ張ると薄くなる
原因 加齢とともに目の下の皮膚が薄くなり、さらにコラーゲンが減って眼窩脂肪が下がることで、下まぶたがヘルニア状態になって起きてしまいます。
彫りの深い顔立ちの人が目立ちやすい傾向にあります。
効果的な成分 レチノール、FGF(線維芽細胞成長因子)、マトリキシルなど
改善方法 ●たるみケア
コラーゲン生成を促すケアや、塩分や冷たい飲み物を控えて運動するといった、むくみ対策が効果的です。
化粧品では高い効果は難しいので、ヒアルロン酸注射や下眼瞼手術が有効になります。
タイプ3:茶クマ
状態 メラニン色素によって茶色く見える状態
見分け方 引っ張っても上を向いても変わらない
原因 目の下の小さなシミが集まって茶色く見えたり、目をこすったりして色素沈着が起こったり、角質が厚くなることでできます。d
アイメイクをクレンジング剤でゴシゴシ落とすのもよくありません。
効果的な成分 ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノンなど
改善方法 ●美白ケア
化粧品での美白ケアやピーリングが効果的です。
茶クマのケアができるオールインワン

シズカゲルは、美白有効成分の「アルブチン」と「ビタミンC誘導体」が配合されたオールインワンジェル。

茶クマの改善に非常に効果的です!

↓気になる方は下記バナーをクリック↓
シズカゲル
オールインワン総合おすすめランキング
美白効果ランキング
ニキビケア効果ランキング
乾燥肌ケア効果ランキング
毛穴ケア効果ランキング
敏感肌ケア効果ランキング
コスパがいいランキング

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルトップページへ

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルをチェックしたい人は、トップページから確認することができますよ。