日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方とは?正しく使わないと効果は半減します


日焼け止めのことを知ろう

紫外線から肌を守るのに大切な日焼け止め。特に夏は毎日使っている人も多いと思います。

でも、一口に日焼け止めといっても色々な種類があるので、自分にあったもの、そのときの用途にあったものを正しく選ばないと効果は半減してしまいます。

ということで、日焼け止めの正しい選び方についてまとめてみました。

紫外線対策には必須のアイテム日焼け止め。正しい選び方知ってますか?

SPFとPAについて知ろう

日焼け止めを選ぶ際にまず注意する点が「SPF」と「PA」という表示です。

SPF30とかSPF50などの表記ってよく目にしますよね。数字が高い方がよく効く!ということはなんとなく知ってるけど、詳しい意味を知ってる人って少ないんじゃないでしょうか。

「SPF」「PA」というのは、紫外線をカットする力を表す紫外線防御指数のことで、「SPF」は紫外線のB波(肌が赤くなってヒリヒリする状態を起こす紫外線)をカットする力、「PA」は紫外線のA波(肌の深部に到達してシミやシワの原因となる紫外線)をカットする力を表しています。

それぞれをもう少し詳しくみてみましょう。

紫外線のB波をカットするSPF

「SPF」は、紫外線のB波をカットし、肌が赤くなってヒリヒリする状態のサンバーンが起きるまでの時間を引き延ばす力を表す数値で、2〜50の数字で表示されます。

通常、平均的な日本人はだいたい20分間くらい紫外線を浴び続けるとサンバーンを起こすと言われています。

例えばSPF2の日焼け止めを塗ったとすると、サンバーンを起こす時間を2倍の40分まで引き延ばすことができるということになります。なので、数値が高いほど日焼け止め効果は高くなるというワケですね。

紫外線のA波をカットするPA

「PA」は紫外線のA波をカットし、皮膚の真皮まで到達して黒くなるタンニングが起こるまでの時間を引き延ばす力を、数値ではなく、「+」の数で表したものです。

「+」はタンニングが起こるまでの時間を2〜4倍に引き延ばせるということになるので、「++」なら4〜8倍、「+++」なら8倍以上引き延ばせることができるということですね。

高い数値のものは肌への刺激が大きい

数値や+が多い方が効果が高いので、ついついそちらを選んでしまいがちですが、効果が高いものは、それと比例して肌への刺激も大きくなり、肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。

なので、必ずしも高い数値がいいという訳ではありません。用途に合わせて使い分けるのがベストです。

日焼け止めの成分について知ろう

日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して熱エネルギーに変える作用をもつ化学物質で、代表的な成分として紫外線A波ではパルソールA、メキゾリルSXなど、紫外線B波では、桂皮酸、オキシベンゾンなどがあります。

紫外線吸収剤は、紫外線対策の効果は高いですが、紫外線を吸収する際に、肌の上で化学反応を起こすため、刺激があり、肌に負担をかけるというデメリットがあります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を肌の上で反射する物質で、酸化亜鉛、酸化チタンなど金属を酸化させたものや、カオリン(陶土)と呼ばれる細かい粘土質の粉などからできていて、これらが肌の上に膜を作り、紫外線を跳ね返します。

紫外線吸収剤よりも肌に優しいですが、粉っぽくなったっり、肌が乾燥する原因になったりするというデメリットがあります。

毎日使用する場合や、肌の弱い人などは紫外線吸収剤が配合されていないものがオススメです。

日焼け止めの使い方について知ろう

日焼け止めの塗り方ですが、大事なのは使用量になります。正しい使用量で塗らないと効果はあまり期待できません。ちょっとだけ塗っても意味がないので、使用するときは説明書などで使用量をちゃんと確認しましょう。

正しい使用量でたっぷり塗りましょう

日常で使うのであれば、「SPF20」前後、「PA」は「++」程度がオススメ。肌に優しい紫外線吸収剤が配合されていないノンケミカルのものがベターです。

山や海など紫外線が強い場所に行くときや、長時間外で過ごす場合などは、「SPF30〜50」、「PA」は「+++」がオススメになります。

効果が高い紫外線吸収剤配合のものを選ぶのもひとつです。厚めにしかり塗って、汗や水などで落ちてしまったら塗り直すようにするのがポイントです。

紫外線が強い場所ではSPF30〜50PA+++のものが◎

オールインワン総合おすすめランキング
美白効果ランキング
ニキビケア効果ランキング
乾燥肌ケア効果ランキング
毛穴ケア効果ランキング
敏感肌ケア効果ランキング
コスパがいいランキング

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルトップページへ

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルをチェックしたい人は、トップページから確認することができますよ。