肌質にあったスキンケアが大事

自分の肌質ちゃんと知ってる?肌質にあったスキンケアが大事です


自分の肌質に合ったスキンケアが大事

正しいスキンケアをするためにも自分の肌質をチェックしておきましょう

アナタは自分の肌質のこと、ちゃんとわかっていますか?オイリー肌だと思っていたら、実は乾燥肌だったなんてこと実はよくある話です。

違う肌質でスキンケアをしてしまうと逆効果になってしまうので、なんとなくで決めつけてしまわないで、正確に自分の肌質を知っておくことが大切です。

ということで、早速、肌質チェックをしてみましょう。

肌質チェック方法

洗顔をして何もつけずに20分待った肌の状態をチェックします。Tゾーンではなく、Uゾーン(フェイスライン)でチェックしましょう。

1:はじめは少しつっぱるが、その後は自然にうるおってくる人
ノーマル肌

洗ってすぐはつっぱり感があるけど、その後は普通に潤ってくる人はノーマル肌になります。

この肌質の人は、水分(セラミド)が多くて、油分(皮脂)は少なめの状態になっています。セラミドが多いので、肌本来の保湿力があるため、洗いっぱなしでもひどくつっぱるようなことはありません。

肌トラブルが起きにくいのがポイントで、キメも細かい肌質です。

ノーマル肌のスキンケア方法は?

ノーマル肌の人は今のスキンケアが合ってるとも言えるので、今まで通りの化粧水+美容液で基本のケアをすれば大丈夫。

必要以上に肌への刺激を与えないように注意してスキンケアを行ないましょう。

2:皮脂が浮いてベタつく人
オイリー肌

洗ってもつっぱることがなく、皮脂が浮いてくるような人はオイリー肌になります。

この肌質の人は、油分(皮脂)が多めの状態で、テカリやベタつきが起こりやすく、さらにニキビができやすい肌質です。

オイリー肌のスキンケア方法は?

油分(皮脂)が多いということは、これを減らすのが一番なんですが、皮脂量はホルモンの影響を受けるため、スキンケアで簡単に減らすことは残念ながらできません。

なので、皮脂を減らすことよりも、水分を増やすケアが効果的です。

方法としては、美容液などでセラミドをはじめとする保湿成分を補うようにすれば、水分と油分のバランスが取れて、皮脂だけが浮くことを防ぐことができます。

オイリー肌の場合、保湿は必要ないと考えがちになってしまいますが、実は保湿成分でのケアがとても重要になるのです。

3:肌がひどくつっぱる人
乾燥肌

洗顔後、肌がずっとひどくつっぱる状態の人は乾燥肌になります。

この肌質の人は、水分(セラミド)と油分(皮脂)の両方が不足している状態です。

肌の水分を維持するのに必要なセラミドが不足しているので、洗顔することで肌から水分が蒸発してしまって、つっぱってしまうのです。

乾燥肌は角質層のバリア機能が低下しやすいので、敏感になりやすい肌質になります。

乾燥肌のスキンケア方法は?

とにかく保湿力を高めることが重要です。保湿効果が高いセラミド配合の美容液を使うなどして、肌が水分を維持する力を高めるケアをする必要があります。

あわせて油分を高めるために、クリームでのケアも行ないましょう。

4:ベタつきもあってつっぱり感もある人
オイリードライ肌

洗顔後、ベタつきもああるし、でもつっぱり感もあるという人はオイリードライ肌になります。

Tゾーンはベタつくけど、Uゾーンはつっぱるというとは違うので注意。あくまでもUゾーン(フェイスライン)の状態になります。

この肌質の人は、油分(皮脂)は多いけど、水分(セラミド)は少ない状態で、敏感肌になりやすく、さらにニキビもできやすいなど、一番肌トラブルが起きやすい肌質です。

オイリードライ肌のスキンケア方法は?

オイリードライ肌のスキンケア方法ですが、オイリー肌以上に保湿力を高めて水分を維持できるようにする必要があります。

セラミドなど、高い保湿効果のある成分が配合された美容液などを使うようにしましょう。

油分が多いクリームなどは控えるようにします。

それぞれの肌質によって細かなケアは違ってきますが、どの肌質にも共通しているのは、水分を維持するための保湿力を高めるのが効果的ということです。

保湿成分が入った美容液やジェルでのケアは、スキンケアの基本になるんですね。

なので、オールインワンジェルも、効果の高い保湿成分が入ったものを選ぶのがオススメです。

オールインワン総合おすすめランキング
美白効果ランキング
ニキビケア効果ランキング
乾燥肌ケア効果ランキング
毛穴ケア効果ランキング
敏感肌ケア効果ランキング
コスパがいいランキング

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルトップページへ

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルをチェックしたい人は、トップページから確認することができますよ。