洗顔の選び方

正しい洗顔料の選び方とは?しっとりタイプは逆効果!?


正しい洗顔料の選び方と洗顔方法

美肌の基本の洗顔。アナタはちゃんと正しい方法でできていますか?

40代になってくると乾燥が気になってくるので、保湿力のあるしっとりタイプの洗顔料を使っている人って結構多いと思いますが、実はコレ、間違った方法なんです。

しっとりタイプの洗顔料は実は良くない

しっとりタイプの洗顔料を使うと肌には逆効果になってしまうことがあるので注意が必要です。

どうしてそんなことになってしまうのでしょうか。

美容液やクリームが浸透しにくくなる

洗顔で大事なのは、皮脂などの汚れをしっかり落とすことです。汚れをしっかり落とした肌に化粧水や美容液をつけることで、その美容成分が肌にキレイに浸透していってくれるという訳。

しっとりタイプの洗顔料というのは油分が多く含まれているものが多いので、すすいだ後もその油分が肌に残ります。

油分が肌に残っているので、洗ってもしっとり感があって肌が潤っている感じがしますが、油分というのは保湿効果が弱いのですぐにまた乾燥してしまいます。

結果、しっとりタイプの洗顔料で洗っても美容液やクリームが必要になるんですね。

で、この美容液やクリームをつける際に肌に油分が残っているとどうなるかというと、うまく肌に浸透してくれないということが起きてしまうんです。

つまり、逆効果になるという訳です。

洗顔料の美白成分は肌に浸透しない

ちなみに美白成分が配合された洗顔料もありますが、これも使う意味はありません。

美白成分は洗い流すと落ちてしまうので、肌に浸透することがないからです。

固形せっけんがオススメ

ということで、洗顔料は皮脂などの汚れをキレイに落としてくれて、肌に余分なものを残さないものがベストになります。

具体的には、洗顔用の固形せっけんが余分な油分が入っていないものが多いのでオススメになります。

正しい洗顔の方法

洗顔料はたっぷり泡立ててから

洗顔の方法ですが、まずはぬるま湯で顔をぬらします。洗顔料はたっぷり泡立ててから使用するようにしましょう。

泡立てが少ないと肌に摩擦が起きて肌荒れやシミ、シワの原因になることがあるので注意。泡立てネットがおすすめですね。

なじませる順番は肌が強い部分から

泡をなじませる順番はクレンジング同様に、肌が強く皮脂が多い部分から先にまじませていきます。

おでこ、Tゾーン、Uゾーン、頬、目元、口元の順で行なうのがベスト。この際、ゴシゴシこすらないように気をつけましょう。

泡が残らないように丁寧にすすぐ

最後にぬるま湯で泡が残らないように丁寧にすすぎます。

ちなみに朝は洗顔料を使わずに水だけで洗うという人もいるかもしれないですが、これはNGです。

水だけでは皮脂の汚れは落ちないので、夜寝ている間に出てきた皮脂がそのまま残ってしまうからです。必ず洗顔料を使いましょう。

オールインワン総合おすすめランキング
美白効果ランキング
ニキビケア効果ランキング
乾燥肌ケア効果ランキング
毛穴ケア効果ランキング
敏感肌ケア効果ランキング
コスパがいいランキング

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルトップページへ

保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルをチェックしたい人は、トップページから確認することができますよ。